新卒採用

クロストーク
クロストーク
crosstalk
キャリアプランニングの未来を担う社員に、自社について語り合っていただきました。 就活生の方へプロフェッショナルの思いを届けます。
岡宏美
岡 宏美
2009年入社
職業紹介事業部メディカルケアグループ
山本智之
山本 智之
2010年入社
教育・コンサルティング事業部
里見有紀子
里見 有紀子
2011年入社
派遣事業部
西村和樹
西村 和樹
2014年入社
派遣事業部
澤原かおり
澤原 かおり
2008年入社
派遣事業部
横田学
横田 学
2006年入社
人材紹介事業部
キャリアプランニングの好きなところ
里見有紀子
里見
里見有紀子
里見有紀子
第一印象と変わっていなくて、一緒に働く仲間、「人」がいいですね。 いい意味でおせっかいを焼いてくださる方が多くて、働きやすく幸せだなと思います。 上司とメンバーの距離が近いのも魅力。他の会社に勤める友人には信じられないと言われます。
里見有紀子
里見有紀子
はい。しっかり話を聞いて下さるし、良い提案であれば反映して下さると思いますし、 やりがいに繋がります。自分自身も期待に応えたいと思いますね。よくない点についても意見を言ってもらえますし。
里見有紀子
里見有紀子
山本智之
山本
澤原かおり
澤原
澤原さおり
澤原かおり
そうですよね。私は今、子育てをしながら短時間勤務で働いていて、育児休暇も取らせてもらいました。 会社全体がいろいろな働き方を柔軟に認めようとしていて、発展的に物事を見る方が多いです。 会社ができた時から、人としてどうあるべきかという考え方が受け継がれているからだと思います。
澤原かおり
横田学
一緒に働く社員を大切に考える社風ですよね。人材会社としてきちんとやっていこうという思いがある会社。 長期的な視点で物事を見る姿勢は、後輩たちにも伝えていきたいです。
横田学
横田学
横田学
横田
キャリアプランニングで働く上で、必要な能力とは
西村和樹
西村
里見有紀子
里見有紀子
キャリアプランニングで働く上で、大切だと思うのは「相手の立場に立つ」「バランス」だと思います。「相手の立場に立つ」というのは、 言葉で言うのは簡単ですが、実行するのは今でも難しいと思います。相手が何を思っているのか?何が言いたいのか?を訊きだすのは難しいですね。

「バランス」とは、派遣営業では、企業担当者とスタッフさんとの関係性のことです。 私自身が、一方の話しだけ聞いて、先入観を持って行動して失敗したという経験もあるので非常に大切だと思います。

それから、人を巻き込んで、進めていく力があるとさらにいいですね。
里見有紀子
岡宏美
私も「チームで働く力」だと思います。それに私が所属している、人材紹介事業部の特性もあるかもしれませんが 「傾聴・共感」も必要な力です。仕事を求めている求職者の方には、自分より年齢が上の方も多くいらっしゃるので、しっかり相手の話を訊きます。 自分の価値観を押し付けるのではなくて、まずは、相手を認めて、一緒に考えていくスタンスが重要だと思います。
岡宏美
岡宏美
岡宏美
山本智之
山本
山本智之
山本智之
学生時代にも大切ですが、社会人になったら、もっと重要だと感じたのは柔軟性だと思います。 入社後は、多くの知識や経験を得ますが、その中で自分が吸収できる物事を決めつけてしまうと、自分自身の成長も止めてしまうと思います。 「素直に聞くこと」。つまり初心を忘れないことが非常に大事だと感じます。
山本智之
里見有紀子
「聞く力」。。。山本さんが言われたように上司や先輩が言ったことを素直に聞く力は大切だと思います。 また、企業の方やスタッフさんと向き合う姿勢も大切ですよね。
里見有紀子
岡宏美
里見有紀子
里見
1年目で大変だったこと
西村和樹
西村
里見有紀子
里見有紀子
先ほど、「必要な能力」でも話しをしました「バランス」に関係するのですが、入社当初の私は、企業のことばかりを気にしていた結果、 就業中の派遣スタッフさんから「仕事のフォローをしてほしい」と言われてしまいました。 その時は、相当ショックでしたね。でもその時に、企業とスタッフさん双方の思いを理解することの大切さを学びましたね。
里見有紀子
岡宏美
私は入社1年目にメール対応が難しかったですね。電話対応も同じですが、メールの書き方や言い方によって 伝えたいことが上手く伝わらず、失敗しことがありました。そこでニュアンスの大切さを学びました。 だからこそ、キャリアプランニングは、一人ひとりと向き合って対話することを重要視していると思います。
岡宏美
岡宏美
岡宏美
山本智之
山本
山本智之
山本智之
僕は入社1年目、がむしゃらに頑張っていましたね。当時は今とは違い、多くのスタッフさんを担当しており、 先輩トレーナーの、横田さんが一緒に仕事をしてくださいました。目の前の仕事をなんとかこなすって感じでしたね。 その結果、自分が対応力のキャパが広がりましたね。その当時があるからこそ、今があると思います。横田さん、当時の私って生意気でしたか?
山本智之
横田学
「自分なりの考えにこだわり」がありましたね。 もっと周りの意見を受けいれてくれれば良いのにと思っていましたね(笑)
横田学
里見有紀子
横田学
横田
山本智之
山本
山本智之
山本智之

 (笑)

山本智之
就活生への応援メッセージ
西村和樹
西村
里見有紀子
里見有紀子
失敗を恐れないでください。まず、動こう。大学のキャリアセンター・友人・家族など多くの方が支えてくれると思います。 動けば、就職活動中に出会った方も助けてくれますよ。
里見有紀子
澤原かおり
そうですよね、失敗していいですよね。これだけ、自分の意思だけで、企業のことをなんでも聞けることができる時期は、 一生に一度だけのチャンスですよね。だったら、思う存分、興味のある企業に行って、多くの企業や人から話を聞いた方が、徳だと思います。 企業を見る時に広い視点で見ることができれば、より良い就職活動になるじゃないでしょうか。
澤原かおり
澤原かおり
澤原かおり
澤原
横田学
横田
横田学
横田学
自分の足を使って、いろんな会社や人と出会ってください。 会社のことは、ネットで調べることもできますが企業に訪問し直接会って話をして、自分の耳でリアルを聞いてください。 情報が多い時代だからこそ、アナログな情報を大切にしてください。
横田学
里見有紀子
可能性を自分で狭めないでほしい。横田さんも言われていましたが、現場に行って自分の目で確かめてほしいです。 親が言うから、友達が言うから、周りが言うからではなく自分の人生ですから、しっかり自分の意思を持って活動してほしいです。

「これまで学んできたことを活かして、入社後も頑張っていきたい」と面接で言う方もいますが、自分自身が働いて実際に思うのは、社会人になるとバッと視野が広がり、世界感が変わります。 学生時代に経験してきたことは、すごい狭い世界だったことを感じると思います。

就職活動の時期は、いろんなところに行って、いろんな人の話を聞いて視野を広げて、行きたい会社を選んでほしいです。
里見有紀子
里見有紀子
山本智之
山本
里見有紀子
里見
里見有紀子
里見有紀子
私も皆さんと同じですが、もうひとつ付け足すと、就職活動中は、企業の方だけでなく、 会社説明会で知り合った就活生と話をすることもオススメです。 どういう学生が来ている会社なのか、他大学や県外の学生の動きを知ることで、新たな発見があったりします。 私は実際に、説明会で隣になった学生に話かけていましたね。
里見有紀子
次のコンテンツはこちら
メッセージ
私たちの仕事
求める人物像
プロへの歩みとサポート
キャプラの福利厚生
エントリー